美容師の給与は本当に低いのか?

・比べる所間違っていませんか?

まず全ての人に伝えたい事
「外国人と比べて日本人の幸福度が低いのは幸せの度合いを他人と比較してしまうから」

 

世の中にはやりたいことが見つからなかったり生活するために希望しない職種で働いている方が多々います

 

少なくても美容業にいる人は自身が夢の為に選んで働いていると思っています

 

美容業の多くは1~5人の零細か中小企業です

給与が低いと言う方の傾向として①大卒の初任給と比較している②労働時間の長さ③規模を聞かずに友人より低いと嘆くなどがあります④その結果不幸、不憫に思われますか?

 

①に関してはまず美容師は18歳で入学して20歳で卒業です

大学生とでは2年間の差があります

比べるのであれば2年後の給与または短大卒の給与か同じように2年で卒業の専門職とではないでしょうか?

②平成の美容師ブーム頃までは営業時間が長く休みが貰えないこともザラでした

しかし、昨今では週休二日制、月10日休み、営業時間の短縮など働き手に沿った労働条件になってきていますもちろ社保の加入も然りです。

③友人と現状を比べることは否定しません

しかし、給与の上昇幅、その業界で働ける期間など見えていますか?疑問ですね・・・

④一般職と違い美容師は国家資格です

好きなことをしてお金をいただくこと、これ以上の喜びはありますか?

例として夢を追ってバンドマンをする方はアルバイトをして貯めたお金でライブハウスを借りたりしますがそのゴールはメジャーデビューです

しかしデビューできるのは一握りです

夢を追うことは歳と共にリスクを背負います

なぜやるかと言われれば成功した時のお金地位名声があるからで美容業も似ていますが稼ぐための技術をタダで教わりその上給与まで頂いているのですからいかに幸せかわかると思います

 

美容業はスタイリストに昇給してから歩合制または完全歩合制を用いるケースが多いです

前者は固定給があり1万円に対して何%バックというケース

後者は固定給がなく30~50%売上に対してのバックです

 

現状日本の平均給与は480万円と言われますがそれらは億を稼ぐ人も含めてで一般的なビジネスマンでは手取り20万円に満たないのが現実です

 

ではその状態で最短22歳で50万円完全歩合で稼げたらどうですか?

25万円ですよね?

つまり物事は見えていることが全てではなく最低でも2面性があり1面で判断してはならないと言うことです

 

美容業界の収入格差は除々に広がりつつあります

上は100万以上稼ぐ業界です

 

夢を持って前を見ませんか?