美容師の仕事に向いている人とそうでない人

一般的な美容師(アシスタント)は朝早くから練習をして夜も遅くまで練習をする

アシスタントの間はほぼプラインベートもなく休みの日は休息または練習会や講習会へ参加

 

ただこれらはここ5年前くらい前までの常識です

 

美容師は離職率が高い→正確にはアシスタントの離職率が高いがスタイリストの離職率は異業種と比べると極めて低い誤解だと言う事

 

美容業は衛生管理職でありサービス業です

 

サービスとは奉仕

お客様に奉仕した対価としてお金を頂きます

 

やってあげている、させられている、やらされていると言う考え事態がナンセンスです

 

この意識の方は飲食、リラク、販売など接客業へ転職しても潰されてしまいますししがみついても低賃金、低所得のままでしょう

 

おおまかに美容師の仕事を伝えます(アシスタント)

朝または前日夜にフロアの掃除を行う

電話やお客様に応対

サロンによっては先輩ほか昼食の買い出し

営業中か後タオルの収納(サロンによっては委託)

業務としてブログ、ツイッター、インスタなどの情報発信

練習して終電前には帰宅といった形です

 

まずは向いていない人についてお話しましょう

 

①とにかく休みが欲しい

本人は良いかもしれませんが同期や同級生との差は広がっていきます

月6日と8日では年間24日違います毎日練習する人だったら言わなくてもその差が膨大な事がわかりますね

アシスタントのうちはがむしゃらにスタイリストになる事を考え遅くても3年でスタイリストへ

スタイリストになってからは後輩の指導もありますがアシスタントより時間に融通が聞き視野が広がるでしょう
 

②自分の時間が大事、人に時間を使われたくないなど非協力的な方

①とかぶりますがこちらは対お客様に対してがメインです

お客様は労働の対価としてお金を支払います

それに応じず好みでないから、帰宅が遅くなるからまた次回、予約が取れませんでは話になりません
人によってはお客様の個展や食事のお誘いを受けるケースがあります

全て断ってしまったら離客して失客です

そういう考えの方は後輩に指導する際もデートだから、疲れたからという言葉が出る物です

 

③数字やノルマに追われたくない

美容師は水物商売ですのでホストなどと同様に解釈されることがあります

20万の給与をいただくには少なくみても60万円の売上が必要です

スタイリストデビューしても給与が20万円のままで良いのであれば構いませんがそうはいかないでしょう

後輩を指導する為に食事に連れて行ったり指名を得る為にはスタイルを上げて売上を上げて売上上位に入らなくてはなりませんしスタイリストデビュー後売上20万円以下、後輩を指導しないではサロンから見ては不要な人となり働いてもらう必要もなくなってしまします

 

④すぐに稼ぎたい

意思があるのは良いことですが最初は大卒初任給よりも低い賃金です
(年齢が違うのでそもそも低くて当たり前ですよ)

稼ぐには稼ぎたいの意思ではなく稼ぐ為の行動が求められています

総収入50万円であれば150万円をアシスタント無しで作るまたは雑誌に取り上げられて予約が取れないからといった付加価値を価格に載せる、セミナーの講師になるなど考えないととても厳しいでしょう

 

⑤YESマン

断らないことは大事ですが全てがYESでは自分が壊れてしまします

担当のお客様が遅れて次の方に迷惑が掛かるのに良いですよと通し続けてしまったらいつかクレームが入りますし自分の意思がない人は責任も取れませんし守りに入りがちです

 

⑥自身のことをコミュ障と言う方

最近学生に多いですが話すのは得意ですか?と聞くと自分コミュ障なんでと言う方が増えています

美容師は接客業です

アシスタントの間はお客様と必要以上の会話を行う必要はないですがふられた会話に答えられなかったり異性と会話できない、そっぽを向いてしまう方は続けていきたくても難しいかもしれません

先輩にどうしたら自分は変われるか素直に聞ければ良いのですが中々できない物です

 

向いている人は?

 

この仕事が好きである。

お客様のライフスタイルをスタイルから変えたい意識の持ち主

自分の幸せよりもお客様の幸せ。

お客様あってこその自分

してあげているのではなくさせてもらっている意識

自分がしてもらったことは後輩にもしてあげられる精神力

自分をブランディングできる人です

 

正直私を含め素人からではmm単位の違いやミスはわかりません

そこにこだわるのは結構ですがお客様はそれを望んでいますか?

 

ゆとりださとりだと世代にまとめられていますがあなた自身はどうですか?

やはりこの業界に残れるのは先々を見て自分自身が何をすべきかに時間をさきその為に何かを犠牲にできる人であるとおもいます